人気ブログランキング |

NGOカトマンドゥ日記

疑惑

2015、12、18

毛派は戦闘訓練を終え武器を渡されると、いつ政府軍から攻撃されるかもしれない緊迫感を持つようになる。もっと言えば、その瞬間から生死の狭間に立つ。戦士の雰囲気が常に漂う。当然人相も変わる。スマンが良い例だった。
スマンにも、他の子供たちにも、植林を始めるときに出会っている。
1974年、初めて見たトゥプチェは、砂漠化した荒涼たる大斜面だった。他のネパールの山間地と変わらない。
e0155370_94062.jpg

カウレ村から戻る道は、植林の成果を辿る道でもある。
最初は松は植えない方針だったが、それしか生えない場所があるのを老バンダリが教えた。
by ngokathmandu | 2015-02-18 08:49
<< 疑惑 疑惑 >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧