人気ブログランキング |

NGOカトマンドゥ日記

カトマンズに戻る

2014、2、24

バクタプルの山奥の村で、グンバ(チベット仏教の寺)を訪ねた帰り道、パンクやガス欠で、バスが立ち往生した時のことだ。
バスから下りた乗客たちが、もう暗くなった周辺を見て口々に叫んだ。
「カボチャだ」
「お菜がある」
それはそうだ。
周辺は畑なのだから・・。
近くの家から出て来たおばさんに、
「いくらで売りますか?」
数人は、すでにカボチャを抱えている。
おばさんは、急にお客が100人も現れたので、
「いくらか、あなたが決めて下さい」
と、おろおろしていた。
畑のを取り尽すと、おばさんは家から、ジャガイモやニンニクをもって来た。
すぐに全部売れた。
カトマンズの物価は高いのだ。
e0155370_1381761.jpg

帰る日が来た。
バンコクからのTG319は、折り返しTG320になって戻る。
by ngokathmandu | 2014-02-24 12:52 | ネパール植林地
<< 20014年秋の思い出 カトマンズに戻る >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧