人気ブログランキング |

NGOカトマンドゥ日記

乾季のゼネスト 

2013、12、2

11月14日の午後、さらに変化が起きた。
ラトナ公園の前を通った私が見たものは、列を作り始めたミニバスだった。
ゼネストが、なし崩しになくなろうとしている。
そんな感じだ。
市民は、周辺の農家から運び込まれる米、ダール豆、タルカリ〔野菜〕を買わずに生活が出来ない。
農民もまた、売らなければ生活が出来ない。
ストをいつまでも継続すれば、自滅するだけなのだ。
タクシーも、バスも、土産屋も、ホテルも、店を閉めたままでは、生きて行けない。
15日、ともかく植林地ヌアコット郡トゥプチェへ向け、ジープを出す決心をする。
e0155370_22155889.jpg

走り始めたタクシーや車。
ターメルの入り口付近で撮る。
e0155370_22182177.jpg

人力車〔通称、リキシャ〕も、商売を始めた。
ネパールバンダ〔ゼネスト〕は、続いているはずだ。
もっとまじめにやって。
いや、やらないで・・・。
by ngokathmandu | 2013-12-02 22:05 | ネパール植林地
<< 乾季のゼネスト  乾季のゼネスト  >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧