NGOカトマンドゥ日記

乾季のゼネスト 

2013、11、29

11月13日に着いたのだが、ネパール中で、バンダ〔ゼネスト〕が進行していた。
カトマンズ空港からナヤンバネスワールのホテルまで、バスもタクシーも、バイクさえ見かけない。
交通手段がなく、店が開いていないから、歩く人さえまばらである。
後で分かるが、地方はもっと深刻だった。
首都の交差点には、警察や、武装警察が銃を持って固めている。
たいしたもんだ。毛沢東派は。
いや、その中の一派であるバイディア派は・・・。
恐怖で、国民を金縛りにしている。
e0155370_17592087.jpg

空港では、駐車している車があっても、動いているのは少ない。
開いている店は、よほどの覚悟の上だろう。
e0155370_1803778.jpg

いつもは、車で身動きできないほど詰まっている路地も、閑散として埃も立たない。
乾季に、こんな状況があっただろうか。
ともかく、車はすいすい動き、あっという間にホテルに着いた。
[PR]
by ngokathmandu | 2013-11-29 18:04 | ネパール植林地
<< 乾季のゼネスト  乾季のゼネスト  >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧