NGOカトマンドゥ日記

タンダパニ村からマネガウン村

2010、1、3

タンダパニ村からマネガウン村まで下りて来る。
ほとんど平らに見える長い道が続く。
内戦中の10年は、この道を歩くのは怖かった。
上へも下にも、身をさらすことになっている。
タンダパニ村の中で、ゲリラと政府側の銃撃事件があった。
マネガウン村の最上部では、逃げるゲリラと政府軍のとの打ち合いで、900本の森が焼かれた。
撤退の時間を稼ぐため、ゲリラが火を放った、らしい。
e0155370_8412543.jpg

今は、もっとも楽な道である。
e0155370_8415263.jpg

森が出来つつある兆しがある。
e0155370_8421079.jpg

森が出来つつある風景は、重い足取りをどんなに軽減させることか。
[PR]
by ngokathmandu | 2011-01-03 08:35 | ネパール植林地
<< 緑化したマネガウン村 マネガウン  >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧