NGOカトマンドゥ日記

沙羅双樹

2009,7,6

沙羅双樹の種です。
お釈迦様がこの樹の下で涅槃に入られた、と伝えられています。
サールと呼ばれるこの樹は、フタバガキ科です。インドからネパールの低地に育ちます。
ベトラワティの森は、この樹が主で,他にチラウネ、パイユ、カプール、などの木が一緒に植えられています。
e0155370_19523464.jpg

私の現地ノートの上に乗っているのが、沙羅双樹の種です。
日本では沙羅は、夏椿のことを言うことがある。しかし、夏椿は当然ツバキ科である。
[PR]
by ngokathmandu | 2009-07-06 19:45 | ネパール植林地
<< カウレ村の植林地 パンの実〔ジャックフルーツ〕 >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧