NGOカトマンドゥ日記

<   2014年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

さ迷えるオランダ人 

2014、1、31

行方不明者は、決して、アンナプルナ街道だけではない。
ネパール各地に、散らばっているのだ。
その殆どは、見つかっていない。
さて、アンナプルナBCへ行く途中に、沢山掲げられていた行方不明者の看板は、取り外された。
有名なトレッキング街道に、そんなものがあると、危険を感じた観光客が来なくなる。
心配した関係者がはずしたのだろう。
ともあれ、今日も、一人旅の人が行く。
e0155370_9512764.jpg

難航しているEグループの植林地に今年植えたチャンプの苗。
どうやら根付くようだ。
だが、安心は出来ない。
常に、これから、これからが勝負なのだ。
e0155370_95665.jpg

水をやるノムラジさん。
苗や木の大きさに合わせて、量を加減したり、地下へしみて行く時間を待っている。
プロである。
[PR]
by ngokathmandu | 2014-01-31 09:45 | ネパール植林地

さ迷えるオランダ人 

2014、1、30

団体行動をしていても、ときに、独りになることはある。
昔のことだが、ヒマラヤ登山隊は、大勢のシェルパやポーターを連れていた。
数百人が行進し、午後二時ころ、先頭がその日の目的地に到着する。
だが、最後のポーターが到着するのは、午後七時だ。
つまり隊列は、十キロにも渡って、バラけてしまうのである。
ふと気づくと、自分の周りに、誰もいないことがある。
そんな時、もし、
「お茶でも飲んで行きなさい。私の家はすぐそこだから」
などと誘われたら、ふらっと行ったかも知れない。
同じことが、行方不明の外国人にも、起きた可能性はあるのだ。
無論、最初は悪気がなかった村人も、お礼の現金などを見て、ふと誘惑に駆られたとしても不思議ではない。
e0155370_1958085.jpg

とっかえひっかえ、マメ科を植えたり、クスノキ科を植えたり、マグノリア〔モクレン科〕を植えたりした。
そのたびに駄目だった。
だが、少しづつ、根づく木が現れた。
e0155370_2054374.jpg

大きくなったネパールはんの木〔カバノキ科〕。
一端根付くと、不思議に今まで駄目だった木まで、つられたように根が付く。
23年も失敗しているのだから、優れたリーダーだったアイマンシンさんの霊が、森の精霊コロボックルになって、守ってくれたのかも・・・。
[PR]
by ngokathmandu | 2014-01-30 20:07 | ネパール植林地

さ迷えるオランダ人 

2014、1、29

行方不明になった3人には、共通点がある。
全員が、一人旅、なのだ。
それにしても怖い話だ。
A地点では、確かに生存していた。
B地点では、生存が確認できていない。
つまり、その間で何か、はっきり言ってしまえば、「殺人」があったに違いないのだ。
e0155370_19391699.jpg

団体行動をしているオランダ人のグループ。
大勢で、しかもシェルパがいればまず安心である。
「私は、何回もネパールに来ているから、一人で平気」
という一人旅の女性に会うが、その気持ちが理解できない。
旅行会社を通せば、案内人も紹介してくれるし、シェルパや、シェルパニ、つまり女性のシェルパ族、もいる。
一緒に行けば、まず安心だ。
e0155370_19354014.jpg

23年間、失敗を続けたマネ村Eグループの植林地。
ようやく、成功の兆しが出てきた。
[PR]
by ngokathmandu | 2014-01-29 11:38 | ネパール植林地

さ迷えるオランダ人 

2014、1、28

アンナプルナBC〔ベースキャンプ〕へ行く街道で行方ええ不明になったのは、日本人女性、アメリカ人男性、ドイツ人男性、などである。
なぜ分かるかといえば、ちゃんと看板が立っていて、
「情報は、日本大使館へ」
「何か知っている人は、ドイツ大使館へ」
「情報提供者は、アメリカ大使館へ」
と書いてある。
つまり、あるホテルなり茶店〔バッティ〕で、その人が目撃されているのに、次の村なり、ホテルでは情報がない。
そういうことなのだ。
では、どこに消えたのか?
e0155370_1129395.jpg

ミンクマリさんの家の二階の窓から。
カルキの木や、バナナの木が覗く。
e0155370_113373.jpg

23年間失敗を続け、やっと森が出来る予感がしているマネガウンEグループの森。
手前は、ネパールはんの木〔カバノキ科〕。
[PR]
by ngokathmandu | 2014-01-28 11:21 | ネパール植林地

さ迷えるオランダ人 

2014、1、27

内戦が始まった頃、ガンドルンへ行ったことがある。
有名なトレッキング街道の、アンナプルナベースキャンプへ行く途中に、ガンドルン村はある。
ネパール人女性グループだけで始めた植林を、見学に行くためだった。
道はポカラから始まり、階段状の急斜面を登って行く。
疲れたら茶店もあり、小さなホテルもある。
ヨーロッパ人も、アメリカ人も、日本人も、一緒に歩く。
この有名すぎる街道で、なぜか、行方不明になった人がいる。
e0155370_118925.jpg

何度も紹介した物語。
子供が二本のチャンプ〔マグノリア、モクレン科〕の苗を、一緒に、しかも、インドボダイジュの下に植えた。
こりゃだめだ。
枯れるだろう。
第一陽があたらない。
だが、悪い予想に反して、ぐんぐん伸びた。
二本が下のほうで癒着して一本になり、いつしか、インドボダイジュを抜いた。
[PR]
by ngokathmandu | 2014-01-27 10:52 | ネパール植林地

さ迷えるオランダ人

2014、1、26

オランダ人たちは、無事ベトラワティを目指して下って行った。
大河を挟んで、反対の山を登っていたのだ。
だが、これは人事には思えない。
「山屋」なら、誰しも迷った経験はある。
神奈川山岳連盟チュウレンヒマール登山隊のときだった。
ベニ・バザールの手前で、道が二つに分かれていた。
一つは大きな道、もう一つはあぜ道のように狭い。
運良く、村びとが通りかかり、
「ベニ、ジャネバート、クン、ホ?〔ベニへ行く道は、どっちですか?〕」
と聞くと、狭いほうを指した。
やはり、訊いてみたのは正解だった。
e0155370_2254791.jpg

これは、私たちの一行だ。
道はどこも崩れている。
e0155370_22125689.jpg

どう、写真は良く撮れた?
我が家の自慢の花です・・。
[PR]
by ngokathmandu | 2014-01-26 22:13 | ネパール植林地

乾季のゼネスト 〔さ迷えるオランダ人〕

2014、1、25

再び、戦火が来ないことを祈るばかりだ。
3月か、4月、カウレ村のブッダ像は完成しそうだ。
来年が楽しみだが、老いとの戦いもある。
長期計画は無理だ。
すべてが一年計画になってしまう。
今度マネ村に行ったら、ミンクマリさんと、ありったけのタマン語でしゃべってみたい。
e0155370_21451625.jpg

これは私たちではない。
オランダ人8人と、シェルパやポーターたち15人の一行である。
この人たちは、Dガウン〔ディー村〕の植林地で枝打ちをしていると、
「ベトラワティーに行きたいのですが・・・」
と、声をかけてきた。
立派な体格の外人が立っているので驚く。
「どこから来たの?」
「ランタンです。でも道に迷っちゃって・・」
どうすれば、こんなに大きく間違えられるのか、あきれる。
山が一つ違うのだ。
だが、「さ迷えるオランダ人」を、このまま行き倒れには出来ない。
付いて来て下さいと、案内する羽目になった。
この大崩壊を越えると、マネ村だ。
[PR]
by ngokathmandu | 2014-01-25 21:52 | ネパール植林地

乾季のゼネスト  

2014、1、24

内戦中の話だが、・・・。

王宮通りに出たが、戻るべきホテルは道が塞がれて行けない。
仕方なく、ヤク・アンド・イェティという星5つのホテルに泊まる。
着の身、着のままである。
100人以上収容できるホテルに、たたの十数人の外国人。
朝になってレストランへ行くと、従業員の数のほうが多い。
ボーイやパーサーは、勝手に客のパンや飲み物を食べている。
国が傾けば、秩序も壊れるのだろう。

e0155370_941855.jpg

ゼネストが守られている街道には、トラックがしまってあった。
e0155370_9443777.jpg

故アイマンシンさんの未亡人ミンクマリさん。
いつものように、泊めていただく。
前より食べなくなった、と、私の健康を心配してくれる。
「ケパタシ〔歳、取ったから」
とか、
「サ、ジャバ、アレ〔歯が悪いから〕」
と、答えると、笑われた。
[PR]
by ngokathmandu | 2014-01-24 09:24 | ネパール植林地

乾季のゼネスト  

2014、1、23

内戦中の出来事・・・。

わたしが乗った車は、リングロードのタパシコチョークから、細い道に入った。
その道は、日本大使館があるラジンパット通りへつながる。
しかし、ミニバスが対向して迫り、そっちの運転手は、
「ラジンパットもだめだ」
と、叫ぶ。
「王宮通りへ行くんだ」
窮した私は、運転手を励ますように言った。
危険かも知れないが、もうその手しかない。

迷路のような道のあちこちで火が燃され、煙が辺りを覆っている。
掴まらないように、逃げた。
さっきのミニバスもついて来る。
やっと、見覚えがあるレインチョール通りに出た。
すぐ左が王宮の塀で、M16で武装した兵士が一メートルおきに立つ。

e0155370_92331.jpg

苗への水やりを手伝った子供が、ご飯を食べている。
そういう仁義になっているのだ。
e0155370_9122813.jpg

こっちのほうがきれいでしょう。
と隣家の人が言う。
「花、自慢」に付き合っていると、限がなくなる。
[PR]
by ngokathmandu | 2014-01-23 08:44 | ネパール植林地

乾季のゼネスト  

2014、1、22

内戦中、いきなりゼネストが始まったことがあった。

「トリスリへ行くのです。植林のためです」
同乗していたヤショダが言った。
「バンダ〔ゼネスト〕だよ。バンダだ。車をひっくり返すぞ」
私たちの車を止めた、学生かも知れない男の顔が真っ赤になった。

先に行動したのは運転手だ。
車は、軋んでUターンした。
乾季の埃が舞い上がった。
すえた臭いも撒き散らした。
車は親方のもので、壊されたら運転手の生活はない。
「ラジンパットへ行くんだ」
私は叫んだ。
ラジンパットの通りには、日本大使館がある。

e0155370_21424327.jpg

カウレ村にのグンバ〔チベット仏教の寺〕に集まったタマン族の人たち。
私の話を聞いてくれている。
植林が、子供たちのも、村人にも、大切だという内容である。

e0155370_21483153.jpg

お別れのとき、集まってくれた人たち。
全員、タマン族だ。
[PR]
by ngokathmandu | 2014-01-22 21:27 | ネパール植林地



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧