NGOカトマンドゥ日記

<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

雨季のネパール 

2013、8、19

雨季のネパールでは、特に食べ物に注意が必要だ。
食べ物は全て傷みやすく、雑菌が繁殖しやすい。
キャンピロバクターによる下痢が多い。
食べ物は良く熱を通し、用心する。
水も、お茶も、十分に熱する。
e0155370_1724669.jpg

神の舌、と名づけた大きな岩。
雨季には水が流れ、滑りそうだ。
ここを突破しないと、植林地に着かない。
[PR]
by ngokathmandu | 2013-08-30 17:25 | ネパール植林地

雨季のネパール 

2013、8、15

雨季のネパールには、4,5年に一回くらいしか行っていない。
歳を取るにつれ、体が大変になってくるからだ。
暑さ、と、湿度の高さ、に閉口する。
洗濯物が乾かず、半乾きのまま着る。
e0155370_10321533.jpg

カウレ村の女性たちが、牛乳パックの支援の礼状を、日本の子供たちに書いている。
e0155370_1035298.jpg

カウレ村の苗床。
植えられた分だけ、へって行く。
e0155370_10372974.jpg

この段階での苗は、ポットに入っっているから、そのまま籠〔ドッコ〕で運べば良い。
苗は、日本の小中学生が、牛乳パックを集めて作る。
100パーセントパルプで出来た牛乳パックは、再び、木に戻って行く。
[PR]
by ngokathmandu | 2013-08-29 10:38 | ネパール植林地

雨季のネパール 

2013、8、12

ネパールの雨季は、全ての生命で満ち溢れている。
草も、木も、虫も、鳥も、生き生きと見える。
e0155370_19541511.jpg

始めは小さいが、水さえ与え続ければ、必ず大きく成長する。
森作りの最初の一本である。
e0155370_1955664.jpg

今日も男性が少なかった。
一日の仕事が終わると、記念撮影になる。
[PR]
by ngokathmandu | 2013-08-12 19:48 | ネパール植林地

雨季のネパール  

2013、8、9

雨季のネパールには、ヒルがいる。
でも、森が少なくなった今、ヒルは減りつつある。
昔、ゴラパニ峠を越えたときは怖かった。
鬱蒼と茂った森で、空が見えない。
そしてヒルが、ひたひたと迫る。
足元から、頭から、手元から・・・・。
泉の底に、ヒルが真っ黒に固まっていた。

森が減り、今は、空が覗いている。
e0155370_1144517.jpg

大きくなった木の間を、苗を担いだ人たちが降りてゆく。
e0155370_11472516.jpg

土は赤いラテライトだ。
雨季だけの小さな草を抜いて、苗を植える。
[PR]
by ngokathmandu | 2013-08-09 11:37 | ネパール植林地

雨季のネパール 

2013、8、2


ネパールの雨季には、健康に留意が必要だ。
大量の汗をかくし、猛暑と高湿度の問題もある。
昼の2時間ほどは、動かないほうが良い。
後は、水分と塩分の補給が大切だ。
食べ物も傷みやすいし、水も汚れている。
お湯を沸かして飲んだり、食べ物を煮るときにも、いつもより長めに沸騰させる。
e0155370_105567.jpg

3時間も動くと、全身がビッチョリぬれてくる。
汗と、雨とが体を冷やす。
e0155370_1063044.jpg

村人も、私も、12時頃、昼食と休憩に戻る。
雨季は、極端に体力を消耗する。
それでも、ここにいる時間は貴重である。
[PR]
by ngokathmandu | 2013-08-02 09:56 | ネパール植林地

雨季のネパール 

2013、8、1

雨季のネパールは、耐えられなく暑い。
それでも田植えをしたり、ヒエを巻いたり、村びとは忙しく働いている。
飴と暑さは、作物を作る時期に適している。
単に黙って過ごしていない。
ここぞとばかりに、男性も力仕事をする。
e0155370_12373345.jpg

カウレ村の植樹風景。
女性が多い。
[PR]
by ngokathmandu | 2013-08-01 12:06 | ネパール植林地



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧