NGOカトマンドゥ日記

<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

コケ村の植林

2013、4、24

出張に行っている間に、安曇野の桜が散っていた。
e0155370_9432873.jpg

コケ村はマネ村から、横に西の方角へ3時間歩く。
女性のグループが熱心で、いつもみず甕を持って集まる。
ネパール三葉松、ラクリ、などを植えている。
上に、崖崩れが始まった場所があり、その上下に集中して植えている。
土砂の崩壊を防ぐためだ。
[PR]
by ngokathmandu | 2013-04-24 09:48 | ネパール植林地

マネガウンの植林地   

2013、4、23

マネガウン〔マネ村〕の植林は、子供たちの植樹から、グループの植樹へと転換した。
最初、子供たちは、自分の家の近くから植え始めた。
それから、村の空き地〔大部分は森の跡地〕に、大人がグループを作って植えた。
だから、村中がこの写真のように、隙間なく植えられた。
失敗したEグループを除いては。
e0155370_9522910.jpg

マネ村〔マネガウン〕は、殆どの場所が緑化に成功している。
一番の功績者は、故アイマンシン老である。
彼が、指導力を発揮して、村を上げての植林に舵を切ってくれたからだ。
今は、未亡人のミンクマリさんが、苗畑を守っている。
[PR]
by ngokathmandu | 2013-04-23 09:49 | ネパール植林地

マネガウンEグループの植林  

2013、4、13

e0155370_9545317.jpg

マネガウン〔マネ村〕で唯一残った失敗の図。
A、B、C、D、F、G、Hグループは全て成功し、Eグループだけが残っている。
隣のFグループの森は、完成している。
他も、そうである。
10万本の森が、この村にはある。
赤ちゃんから年寄りまで、一人100本の成木がある計算だ。
遅まきながら、Eグループも、森になりつつある予感がする。
[PR]
by ngokathmandu | 2013-04-13 10:00 | ネパール植林地

カウレ村での水やり  

2013、4、7

e0155370_9212093.jpg

ネパールに住み込んで,NGO活動をしている筋田さんが、カウレ村へ行ってくれました。
バサンティやジョティはすっかり成長して、カイラロの花のようにまぶしいくらいだ。
右が、バサンティ。
左は、タマン語通訳のミナ・ラマ・タマンさんだ。
[PR]
by ngokathmandu | 2013-04-07 09:25 | ネパール植林地

マネガウンの植林地

2013、4、1

e0155370_11184021.jpg

e0155370_11204921.jpg

最後に残ったEグループの植林地。
それでも幾分植えた木が残ってきた。
はんの木、チラウネ、ネパール3葉松、などが残っている。
[PR]
by ngokathmandu | 2013-04-01 11:16 | ネパール植林地



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧