NGOカトマンドゥ日記

<   2012年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

カトマンズ市内 

2012、 1、31

ネパールも他の新興国と同様に、活気に溢れている。
若年層が多く、新しい事業が増えている。
特に今はバブルだ。
土地が値上がりし、地主は多額の現金を手にした。
持たざる者は、物価の値上がりに苦しむ。
それでも、経済の活況で何らかの利益を得る。
e0155370_19515226.jpg

昔のターメル地区は、むしろ寂れてしまっている。
地元の人々は、ニュウロードの新しいデパートや、ショッピングモールへ行く。
e0155370_19544114.jpg

昔の古い家並みは無い。
あるのは3階建て以上のビルやマンションだ。
e0155370_1955522.jpg

高級住宅街からマンションが見える。
住むのは、新しい中産階級だろう。
[PR]
by ngokathmandu | 2012-01-31 20:05 | ネパール植林地

カトマンズ市内

2012、 1、27

カトマンズ市内の空気は悪くなり続けている。
車が多いからだ。
土地がバブルの状況を示し、潤った者の金は、家や車に支払われる。
e0155370_10285614.jpg

ビル群が隙間無く立ち並ぶ首都。
e0155370_1094442.jpg

市内は、思わず車の窓を閉めてしまうほどの、埃っぽいく、饐えた臭いがする空気で満たされている。
人間が多すぎるのだ。車も多い。
そんな中で、警察官が必死に交通整理をしていた。
[PR]
by ngokathmandu | 2012-01-27 10:22 | ネパール植林地

昨年の植林

2012、 1、22

去年の植林の写真を紹介する。
植えることから始まるのは無論だが、植えただけでは植林ではない、といつも言っている。
e0155370_2157279.jpg

植林のための苗を竹の籠〔ドッコ〕へ入れて運ぶ。
子供たちも来るので、苗の量はそれぞれで違う。
e0155370_21573756.jpg

グループが一団になって植える。
殆どの場合、植える穴は前日に掘っておく。
e0155370_21591011.jpg

タンダパニ村ポサングループの植林後の写真
誰がリーダーか、一目で分かるであろう。
[PR]
by ngokathmandu | 2012-01-22 21:53 | ネパール植林地

カウレ村のグンバ〔チベット仏教の寺院〕建設   

2012、 1、21

カウレ村のグンバ建設の写真が届いた。
e0155370_10465382.jpg

2階建てで、上に塔がある。
塔がどうなっているか、見ていないのでまだ分からない。
e0155370_10472526.jpg

内装中らしい。
[PR]
by ngokathmandu | 2012-01-21 10:48 | ネパール植林地

スタッフ紹介

2012、 1、20

通称マイラさん。
マイラは次男の意味だ。
本名は、チェトラ・バハドゥール・タパ・マガールである。
タパ氏〔チェトリ族〕とマガール族の混血。
私は、チェトラさんと呼んでいる。
e0155370_208695.jpg

彼は頼もしい百人力だ。
苦もなく山を登る。
種の採取も、苗作りも、水遣りも、技術的にトップである。
写真は植林センターの前で撮った。
[PR]
by ngokathmandu | 2012-01-20 20:10 | ネパール植林地

ミシン教室の意義

2012、 1、19

ミシン教室は近隣の女性たちに人気がある。
日本では想像できないが、ミシンを駆使出来ることは、女性の地位向上に役立つ。
つまり、村でミシンが使えると、自分の家族の下着などを作れるだけではない。
他の人の需要に答えることも可能だ。
e0155370_22163173.jpg

実際、借金してミシンを買い、半年で全額返済した人がいる。
女性が、あるいは主婦が、現金収入を手にすることは、自立である。
親や夫に頼らずに、自分で決めて買い物も出来る。
子供の学資も出せる。
e0155370_22175698.jpg

一番成功した女性は、バザールでしゃれたブディックを出した。
ミシン教室を自宅で運営している女性もいる。
写真左は、現在3代目になるミシンの先生カマラさん〔カマラは、多分、花の蕾の意味〕。
グルン族である。
未婚。
そう言えば、初代はバフン族だった。
2代目は、マガール族だった。
ミシン教室のお嬢さん〔奥さん〕たちは、月の何日かは山を登って、苗に水遣りをする。
頼もしい。
ミシン教室を続けて良かった。
[PR]
by ngokathmandu | 2012-01-19 22:08 | ネパール植林地

トゥプチェにて  

2012、 1、18

なぜ、ミシン教室があるのか?
よくある質問だ。
ミシン教室は、もともと小さな窓の無い倉庫で始まった。
植林センターの倉庫を貸してくれ、と言ったのは、女性の植林グループだった。
女性たちが次々に森作りを成功させていた。
喜んで貸した。
窓が無い暑い部屋で、熱心にミシンを勉強していた。
そんなことから、女性の学校を建て、一部屋をミシン教室にしたのだ。
e0155370_20341061.jpg

ミシン教室の全景。
e0155370_20343067.jpg

生徒の数は10人足らずだが、皆遠くの村から通って来る。
e0155370_20345776.jpg

先生は、コケガウン〔コケ村〕の女性である。
e0155370_20351565.jpg

[PR]
by ngokathmandu | 2012-01-18 20:33 | ネパール植林地

トゥプチェにて 

2012、 1、17

ネパール王国〔当時〕ヌアコット郡トゥプチェで植林が始まったのは、1990年5月25日のことだった。
その頃は雨季が順調で、今のように遅れることは無かった。
だから5月下旬でも植えることが出来た。
もっとも最初の5000本は2ヶ月で全部枯れた。
再び苗をかき集めて植えた。
e0155370_19221541.jpg

今度は枯れなかった。
貧しい家庭の子供に5本の苗とグリーンカードを渡し、1本が1年間枯れなければ20ルピーの奨学金を出した。
皆がんばって水を掛け、5本で100ルピーの奨学金をもらって学校へ行った。
菩提樹の奥は子供の森。
[PR]
by ngokathmandu | 2012-01-17 19:23 | ネパール植林地

子供の森

2012、 1、16

今、植林センターの助手をしているランバブやラメシュ、別のところで生活しているスマンやボスラムも、小さいときは皆そろって植えた。
木の識別に使うペンキの缶を抱えながら、ボスラムもスマンも、自分が何をしているか分からなかった。
だが、日本人もネパール人も、とにかく一緒に働き、一緒の飯を食べた。
ハイカーストもローカーストも、差別が無かったことが、最も気に入られた。
e0155370_2123614.jpg

いかにも子供らしく、道の両側に植えた木々は、畑に働く人が強い陽射しを浴びないよう、立派な並木になっている。
家が二軒みえる。
左は幼稚園、右は毛派の大物ポスト・B・ボガティさんの家だ。
今でこそ大臣だが、2006年まではお尋ね者。
賞金がかかっていた。
ボガティさんは地下へ潜り、は奥さんは植林センターの助手だった。
しかし付近を警察がうろうろし、2000頃、夫に続いて彼女も地下へ潜った。
近くでゴタロ〔牛飼い〕の仕事中だったビマラの弟は、張り込んでいた警察に捕まり、牢へ入れられた。
誰でも捕まえて拷問するのは、〔当時の〕警察の常套手段だ。
彼をもらい下げるのは大変だった。
[PR]
by ngokathmandu | 2012-01-16 21:24 | ネパール植林地

トゥプチェにて 

2012、 1、15

ヌアコット郡トゥプチェは、最初に植えた地区である。
トリスリ河の右岸上に、比較的なだらかな日当たりが良い斜面が続く。
下の方は米も採れる。
e0155370_1821123.jpg

岸から隙間無く植えられているように見える。
久しぶりに故郷へ帰った人は、緑に変わった村に驚いた。
でも、昔はこうだった、と老人は呟く。
[PR]
by ngokathmandu | 2012-01-15 18:02 | ネパール植林地



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧