NGOカトマンドゥ日記

<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

トゥプチェにて 

2011,10.31

植林センターの周辺は、緑に包まれている。
e0155370_10494583.jpg

植林センター。
裏側〔女性の学校の校庭〕から見ている。
e0155370_10563639.jpg

女性の学校。
右手奥に、植林センターの屋根が見える。
e0155370_10502979.jpg

女性の学校の生徒さん。
[PR]
by ngokathmandu | 2011-10-31 10:55 | ネパール植林地

トゥプチェにて

2011,10,31

母の橋を渡ると、トゥプチェである。
本多まや〔ドゥルガ タパ〕の出身はここである。
e0155370_22102493.jpg

バインシェ、母の橋、と書いてある。
e0155370_22104781.jpg

バンダリさん。
20年前は、校長のバンダリ、教頭のバンダリ、より、知名度はぐっと落ちていた。
今はもっとも有名。
貫禄である。
ヌアコット郡の植林の成功の一端を担う。
3G〔3爺〕とは、ベトラワティ地区の森のチャンドラ。
マネガウン村の森のアイマンシン。
そして、トゥプチェ森作りのバンダリ、を指す。
残念ながら、バンダリさん以外は亡くなられた。
e0155370_2211423.jpg

ちょっと、孫の写真をお願いします。
[PR]
by ngokathmandu | 2011-10-30 22:21 | ネパール植林地

ベトラワティと周辺

2011、10,30

ネパールへ行く日が近づいた。
バンコクのドンムアン空港は水浸しだが、スワナンプーム国際空港は、今のところ健在だ。
帰り頃に、水がつかることもありうる。
e0155370_8193939.jpg

ベトラワティの森の中は、しんとして物音がしない。
ずっといつまでも、ここにいたい気持ちがする。
e0155370_820370.jpg

トリスリ河をはさんで、こちらはヌアコット郡ではなくラシュワ郡なのだが、村の人は木を植えたのである。
e0155370_820259.jpg

トゥプチェ地区は、どこもこんな緑化が進んでいる。
トリスリ河の向こうが右岸〔トゥプチェ地区〕。
手前がバス道路沿いの植樹。
[PR]
by ngokathmandu | 2011-10-30 08:26 | ネパール植林地

コケガウンの植林地  

2011,10、2

コケ村の水源タンクが完成し、村へ飲料水と、森へ植林用の水とに分け、引くことができた。
「ネパールの山よ緑になれ」を買っていただいた方々の印税などで出来た。
e0155370_10301068.jpg

水源タンクにはまだ水量は少ない。
e0155370_10303098.jpg

上部へ木を植え続けているから、水量は増えるだろう。
e0155370_10305128.jpg

植林用のタンク。
e0155370_10311556.jpg

下から、森のほうへパイプを敷設してある。
e0155370_10313787.jpg

貯水タンクから引いたパイプで、水は迸るように出る。
[PR]
by ngokathmandu | 2011-10-02 10:38 | ネパール植林地



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧