NGOカトマンドゥ日記

<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ポカリガウン村 

2011、 5、30

ポカリガウン村〔正確には、ガウンは村だから、ポカリ村〕は、グルン族の村である。
私が、ようやくタマン語で、
「あなたのお名前は何ですか?」
を覚え、マネガウン村の外れの家で言ってみたら、
「???」
実は、既にポカリガウン村に入っていて、グルン語でないから分からなかったのだ。
e0155370_21492541.jpg

タンダパニ村からマネガウン村への道。
この広大な斜面は、上下で数十hrはありそうだ。
e0155370_2150162.jpg

森林保全会議に出席した各村の代表たち。
e0155370_21502369.jpg

マネガウン村第1苗畑。
まだ小さい。
7月の植樹まで、あと5ヶ月ある。
[PR]
by ngokathmandu | 2011-05-30 21:54 | ネパール植林地

Dガウンの植林地 

2011、 5、26

Dガウン〔D村〕は、カウレ村の隣にある。
e0155370_21233525.jpg

植林地には、やはり水がない。
200メートル下の村から、ガグリ〔水甕〕で運ぶしかない。
e0155370_21235687.jpg

重い水甕を運んでくるのは、重労働だ。
e0155370_21241489.jpg

母親や、父親の、水を運ぶ姿は、きっとその子供たちの眼に焼きつくだろう。
e0155370_21243488.jpg

甕以外にも、水を運ぶ入れ物はいろいろだ。
e0155370_21245170.jpg

終わると、記念撮影をする。
[PR]
by ngokathmandu | 2011-05-26 21:31 | ネパール植林地

カウレ村のグンバ〔チベット仏教の寺院〕建設    

2011、 5、25

ネパールへ行く日が迫っている。

カウレ村のグンバは、まだ半ばである。
今日の仕事が、やっと終わる。
e0155370_834557.jpg

2階の床の部分が、今日完成予定である。
e0155370_8342530.jpg

それでも、まだまだドッコ〔竹の籠〕のセメントが運ばれてくる。
e0155370_8351270.jpg

朝と同じように、村びとは黙々とドッコを運ぶ。
e0155370_8353037.jpg

それでも、もう、今日の仕事が終わりに近いことを知っている。
e0155370_8363176.jpg

山のように積み上げられた100袋のセメントは、終わっている。
砂も、石も、山が平らに近い。
これらは、又、首都からトラックで運ばないといけない。
グンバ建築の作業は、これからも続く。
2階の床が出来ても、まだ半分も終わっていない。
雨季が始まれば、一時中断せざるを得ない。
[PR]
by ngokathmandu | 2011-05-25 08:46 | ネパール植林地

カウレ村のグンバ〔チベット仏教の寺院〕建設  

2011、 5、 9

カウレ村のグンバ〔チベット仏教の寺院〕工事は、今日の仕事が終わった。
とはいえ、雨季を挟んで、まだ長い先がある。
e0155370_11402384.jpg

鉄筋は、この上の2階部分のためである。
3階は、尖塔のような形にするらしい。
e0155370_11404496.jpg

いよいよ残りがわずかになった。
e0155370_1141028.jpg

人々が立つ空間が狭くなった。
誰の顔にも安堵感が漂う。
e0155370_11411918.jpg

建築の専門家は、首都から呼んだ。
その3人以外は、村人のボランティア活動である。
e0155370_11451497.jpg

表面が滑らかにされて行く。
その後は、長く養生することになる。
e0155370_11453792.jpg

終了一寸前。
皆は、三々五々散って行った。
[PR]
by ngokathmandu | 2011-05-09 11:33 | ネパール植林地

カウレ村のグンバ〔チベット仏教の寺院〕建設  

2011、 5、 8

連休は、バイト疲れで休んでいた。
4月29日に東北新幹線が動き始めた。
私は、奥州市へ行き、屋敷が無事だったのを知った。

カウレ村のグンバ〔チベット仏教の寺院〕の建設は、いよいよ最終段階になった。
e0155370_11193940.jpg

午後4時になると、私の眼にも、その日の終わりの作業が近づいているのが分かった。
e0155370_11201027.jpg

誰の足取りも、疲労で重い。
それでも、セメントを詰めたドッコの列は続く。
e0155370_11205315.jpg

80%は出来たように思われた。
セメントを伸ばす男たちにも、力がこもった。
e0155370_11212028.jpg

誰も話もせず、ただ黙々と運ぶ。
e0155370_11215075.jpg

私はただひたすら記録した。
ネパールのタマン族の村で、信仰のために必死に働く人間の姿を。
[PR]
by ngokathmandu | 2011-05-08 11:25 | ネパール植林地



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧