NGOカトマンドゥ日記

<   2009年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

基美ちゃん

2009,12,31

ヤショダは日本へ来て、1年、長女を授かった。
基美ちゃんを抱くヤショダさん。ヤショダさんは植林センターの教官として、レポートを書いたり、電話で連絡してくれたりした。
e0155370_20295235.jpg

[PR]
by ngokathmandu | 2009-12-31 20:24 | NGO活動

冬の安曇野

2009,12,30

今日も牛乳パックの礼状を書く。
e0155370_20175446.jpg

e0155370_20195380.jpg

ちょっとしたパーティがあった。チャーリー宮本さんが、演奏会兼食事会に呼んでくれた。
料理は持ち寄った。私はネパールティーを作っていった。
[PR]
by ngokathmandu | 2009-12-30 20:14 | NGO活動

冬の安曇野

2009,12,29

安曇野の冬は静かです。
e0155370_2092073.jpg

一度降った雪が溶け、芝桜が顔を出した。今年も残り少ない冬のさ最中なのに、なんという力強さだろう。
背景は、餓鬼岳。
[PR]
by ngokathmandu | 2009-12-29 20:04 | NGO活動

安曇野の喫茶店

2009,12,28

安曇野は雪で静かである。
e0155370_1924813.jpg

大熊美術館に併設された喫茶、安曇野文庫。
[PR]
by ngokathmandu | 2009-12-28 18:58 | NGO活動

冬の安曇野

2009,12,27

ネパールから戻ると、安曇野は冬の真っ只中であった。溜まった手紙を書く。学校への牛乳パックの礼状が多い。
e0155370_18531524.jpg

雪の積もった有明通り。
静かな森の中に、美術館や喫茶店が隠れている。
[PR]
by ngokathmandu | 2009-12-27 18:49 | NGO活動

野良牛

2009,12,26

ネパールでは、牛は神の使いとされている。
たぶん、アーリアンたちがインドに侵入した当時、ヒンドゥーの神・クリシュナが、牛に乗って笛を吹いていたからだろう。
牛を殺せば、懲役7年らしい。だから市民は牛が自分のところで、ころっと死なないよう、気をつけていないといけない。牛が虐待されることはない。
e0155370_17574395.jpg

道の端がゴミ捨て場になっており、そこに牛が寝そべっていた。
「ここはね、野菜の切れ端を捨てる人がいるし、それを食べていれば良いので、楽なんだよ」
と、牛は言っていた。
[PR]
by ngokathmandu | 2009-12-26 17:51 | ネパール植林地

香辛料を買う

2009,12,25

家でいつもネパール料理を作っているので、香辛料は必ず買っている。
e0155370_17451599.jpg

アッサンにある香辛料屋さん。
日本人のお客が多いのか、日本語で書いてある。
ここで買ったのは、メティ〔フェネグリーク〕、ダルチニ〔シナモン〕、ルアン〔クローブ〕、その他のマサラであった。
[PR]
by ngokathmandu | 2009-12-25 17:39 | ネパール植林地

カトマンドゥは不思議な街

2009,12,24

昔から、カトマンドゥにはネワール族が住んでいた。
ネワールたちは不思議な町作りをしている。
e0155370_106530.jpg

広場の中心に神様を祭ったお堂があり、周囲が穀物や野菜の売り場になっている。
e0155370_1075559.jpg

家々の中にも又広場に通じる入り口があり、真ん中にお堂がある。
e0155370_1083563.jpg

垣間見た空間。

古くからの街並みがあるアッサン通りへ入って行くと、そこには同じような商店、広場、中心のお堂、などがあって、必ず迷ってしまう。
平和な時代なら、周囲の人に聞きながら、ニュウロードや古い王宮、もしくはラトナパークへ抜けるのだが、内戦の10年間は慣れた私でも怖かった。

当時、初めて来た人には、絶対にアッサンへは入るな、と釘を刺したのだが、これは逆効果になった。
後で聞くと、興味津々、必ずと言って良いほど、全員がこっそり入っていた。
[PR]
by ngokathmandu | 2009-12-24 10:01 | ネパール植林地

カトマンドゥの喫茶店

2009,12,23

コーヒー中毒の私は、旅先でおいしいコーヒーを飲むと元気が出る。
カトマンドゥでは、この店に決めている。
e0155370_2124549.jpg

千種コーヒー。文字は日本語で書いてある。
コーヒーは生粋のネパールコーヒー。ネパールは紅茶と共にコーヒーの産地でもあるのだ。
欲しい人は、松本の「斉藤コーヒー」でお求め下さい。
[PR]
by ngokathmandu | 2009-12-23 21:14 | ネパール植林地

カトマンドゥは不思議な街

2009,12,22

私がいつも滞在するホテル〔サンセットビュー〕。
e0155370_2193127.jpg

街の喧騒から一寸離れた場所にあるこのホテルでは、埃も自動車の排気ガスも、届かないような気配だ。  12月はブーゲンビレアがピンクの花を咲かす。これを見ると、ネパールが亜熱帯の国であることが分かる。

私は植林地に出かける前と、戻ってからの1,2日をここですごす。
[PR]
by ngokathmandu | 2009-12-22 21:04 | ネパール植林地



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧