NGOカトマンドゥ日記

<   2009年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

乾季対策

2009,7,15

乾季と雨季が分かれるモンスーン気候は、日本人にわかりにくいようです。
小学生は習いませんから、牛乳パックのお礼に伺ったときに説明しています。
乾季は9月上旬から3月ころまでの半年の間続きます。
3月になると、時々霧雨がふります。
雨かな、と思っている間に止んでしまいます。
4月になると夜間雨が降ることがあります。
4月下旬にはほぼ毎日降り、人々はトウモロコシ畑を耕し始めます。
e0155370_20181346.jpg

田んぼに水が引ける場所は田植えの準備をします。
一般的にはトウモロコシを刈ってから畑に水を入れ、それから稲を植えます。
近年その流れは、気象の異常によって狂い始めています。
3月も4月も5月も雨が降らず、作物は枯れます。
[PR]
by ngokathmandu | 2009-07-15 20:03 | ネパール植林地

Dガウン

2009,7,11

DガウンとはD村という意味です。
このカウレの隣村は、植林を始めて2年目です。
緩やかな〔他の村に比べてはの意味〕斜面は、遺体を焼く森にと続いています。
タマン族はインド系のハイカーストの部族と違って、河のそばでは焼きません。
森で燃やして埋めます。
e0155370_21193880.jpg

[PR]
by ngokathmandu | 2009-07-11 21:03 | ネパール植林地

ネパールの猫

2009,7,10

ネパールにも猫はいますが、少ないようです。猫をなぜ飼っているかといえば、ねずみの被害を防ぐためです。でも飼っている家は、あまり見かけません。そのためか、どうもねずみは人間を怖がりません。枕元には、時々ねずみが座って、こっちを見ています。
今、コケ村へ行ったら、母猫と子猫がいました。
e0155370_2020423.jpg
[PR]
by ngokathmandu | 2009-07-10 20:16 | ネパール植林地

ネパールの子供

2009,7,9

ネパールの子供たちも新しい時代を迎えている。
e0155370_20383013.jpg

タンダパニ村タムシンルン地区の子供たちはタマン族である。
タマン俗の祖先は、昔チベットから来た。
言葉はチベットビルマ系である。
水はキ、火はメ、人はパ、という。チベット語とおなじである。
日本人に似ているのは当然である。
[PR]
by ngokathmandu | 2009-07-09 20:33 | ネパール植林地

長い道は何のため

2009,7,8

長い道が、いくつかの村々を通って、トリスリ河のほとりまで続いています。
e0155370_18585377.jpg

道を作りだして7年目になります。バウンダダという村に到達しました。私たちはこの道を使って、間伐した木を運び下ろしました。
e0155370_1955139.jpg

あるとき、道の工事を見ていると、一人の村人が寄ってきて言いました。
「ドクトル」サーブ、おかげさまで遺体を運ぶときは楽です。以前は道が泥で滑って、遺体が放り出され、惨めな思いをしましたが、今はそんなことはありません」
[PR]
by ngokathmandu | 2009-07-08 18:55 | ネパール植林地

カウレ村の植林地

2009,7,7

カウレ村の植林地は広大です。野球場4つぐらいはありそうです。
e0155370_2021411.jpg

20000本を植え、さらに拡大中です。
将来は大ジャングルになるでしょう。木のない他の村から薪を取りに来たらどうしよう、と今森林保全委員会が発足しました。枝打ち、間伐,した木は、他の村でも貧しい家庭、まきを取りに行けない老人所帯に分けようとするものです。
左斜め上の、なんとなく薄く緑色の部分が6年までの木がある場所なのです。
[PR]
by ngokathmandu | 2009-07-07 19:59 | ネパール植林地

沙羅双樹

2009,7,6

沙羅双樹の種です。
お釈迦様がこの樹の下で涅槃に入られた、と伝えられています。
サールと呼ばれるこの樹は、フタバガキ科です。インドからネパールの低地に育ちます。
ベトラワティの森は、この樹が主で,他にチラウネ、パイユ、カプール、などの木が一緒に植えられています。
e0155370_19523464.jpg

私の現地ノートの上に乗っているのが、沙羅双樹の種です。
日本では沙羅は、夏椿のことを言うことがある。しかし、夏椿は当然ツバキ科である。
[PR]
by ngokathmandu | 2009-07-06 19:45 | ネパール植林地

パンの実〔ジャックフルーツ〕

2009,7,5

これは何でしょう?

e0155370_1533280.jpg

中はたくさんの袋に分かれた甘い房が、数え切れないほど入っていました。
幹の途中から突き出すように実がなっているのは、見るまで信じられないのです。
[PR]
by ngokathmandu | 2009-07-05 15:25 | ネパール植林地

植林センター

2009,7,4

植林センター。
e0155370_15392890.jpg

植林センターは、二階が教官室〔会議室〕と宿泊室、下がキッチンと倉庫に分かれています。
e0155370_15443393.jpg

会議中にランバブ教官補の末娘が顔を覗かせました
[PR]
by ngokathmandu | 2009-07-04 15:34 | ネパール植林地

貯水タンク

2009,7,3

乾季に役立つ貯水タンク。


e0155370_14445768.jpg

新しくDガウン村に作った貯水タンク
e0155370_14471048.jpg

タンダパニ村のUFOタンクパート1
e0155370_14484076.jpg

タンダパニ村のUFOタンクパート2
e0155370_14503320.jpg

ポカリガウン村の貯水タンク〔上〕
今年作ったタンダパニ村の水源タンク。この水を飲んだポサンの旦那が思わず「うまい」と言いました〔下〕
e0155370_145343.jpg

マネガウン村の一番古いタンク
e0155370_14545830.jpg


e0155370_14555194.jpg

ベトラワティの森のタンク。魚も飼っています
e0155370_14585612.jpg

演習林の貯水タンクです
[PR]
by ngokathmandu | 2009-07-03 14:40 | ネパール植林地



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧