NGOカトマンドゥ日記

<   2009年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

苗から木になるには

2009,4,30

牛乳パックだけでなく、貯水タンクの支援も続いています。
山王小学校では、牛乳パックで苗つくり支援と、本の販売による貯水タンク支援も行なっていただきました。

牛乳パックは15枚で1本の苗になりますが、これが木になるまでには水が必要です。
1基40万円以上かかる貯水タンクは、主に寄付や本の販売で作っています。

e0155370_2046149.jpg

巨大貯水タンク


e0155370_16105726.jpg

マネガウンむらの貯水タンク


e0155370_1612167.jpg

カウレ村の第2貯水タンク
[PR]
by ngokathmandu | 2009-04-30 22:21 | ネパールの山よ緑になれ

江戸川区穂高荘

2009,4,29

安曇野市旧穂高町には高い建物はありません。
しかし、江戸川区穂高荘は遠くからでも、一目でわかります。
7階建で目立つのです。

そこから電話がありました。牛乳パックを取りに来て欲しい、とのことでした。
10時過ぎなので、お客の皆さんはチェックアウトでいらっしゃいません。
受付から遠く離れた賄いの方に周りました。

牛乳パックがきれいに洗われて袋に入っていました。
なぜか、全部が八ヶ岳高原牛乳でした。家は松田牛乳です。でも種類は何でもパックは苗になります。
ヒマラヤの国ネパールで、種から苗を作っています。

15枚で1本の苗が出来ます。
[PR]
by ngokathmandu | 2009-04-29 20:27 | 牛乳パック

ACFアジアこども基金


ACFの鈴木さん、小串さん、が安曇野にいらっしゃいました。
ネパールでは、バイオガスの設備の普及に努力されています。
岐阜から車で来られたのですが、ナビで穂高駅での待ち合わせも難なく出来ました。

穂高有明にある〔自由庵ー淺川そば屋さん〕へ行き、山菜の天ぷらとともにそばをいただきました。
最近岩下某大女優もこられた、知る人ぞ知る、という有名な店です。
庭には桜や梅、山アジサイ、など季節ごとに楽しめるように作られているのです。
浅川さんご夫妻とは、ネパールの植林にかかわる以前から支援していただいています。

それから松本へ移動して、ドゥルガさんに会いました。
お二人とも、どんな人だろうと大変興味があったようです。

アルプスが見えなかったことが残念でした。e0155370_2027685.jpg


本当はこんな風に見えます。〔上〕








e0155370_20281283.jpg

案山子と一緒に。

















e0155370_2029229.jpg

残さずに食べるのがエコ。ご馳走様でした。
[PR]
by ngokathmandu | 2009-04-23 20:03 | NGO活動

地球の日、大町市

2009,4,19

 アースディ大町、が、大町市平の文化公園で開催されました。おそらく175カ国が、同時にさまざまな行事を行っていることでしょう。
 私は国際協力のブースで牛乳パックを集めたり、本を売っていました。環境団体のブースやテントが建って、ライブも始まりました。空いた時間に、セバン・スズキさんという人〔13歳〕の、環境についての演説を聴きましたが、なかなかのものでした。
 今、私は熱帯雨林の動物や植物を見ることが出来るが、私の子供は果たして見られるのか、そして、私の親たちの世代は、そのような危惧すら抱かなかった、というのです。私たち子供を、親たちが愛している、という前に、この環境問題に大して行動を起こすと約束して欲しい、とセバンは1992年の環境の日、南米のリオデジャネイロで演説したのです。そのビデオを見ました。〔カトマンドゥ日記番外地もご覧ください〕


e0155370_18194152.jpg
















e0155370_18202449.jpg

















e0155370_18334715.jpg



応援に駆けつけたインディアンスタイルの若者たち?。〔上〕
国際協力のブース〔右中〕
北アルプスの蓮華岳や爺が岳を背景にした文化公園の地球の日〔下〕
[PR]
by ngokathmandu | 2009-04-19 18:00 | NGO活動

ネパールのヌアコット郡にあるロータリーの学校

2009.4.18

久しぶりに、ネパールへ電話してみた。
現地の責任者であるLOK氏の携帯に、である。今、普通の電話よりもはっきり聞こえる。

e0155370_15172790.jpg

もう25年以上前に松本を中心にするロータリークラブの方々が作られた学校。
現地に移管して、立派に運営されている。
[PR]
by ngokathmandu | 2009-04-18 15:13 | ネパールの山よ緑になれ

日光紙業さんへ

2009,4,16

大町のグリナーズビレッジさんが集めたり、知らない方が私の家を探しまわって置いていったものや、喫茶店の店主さんが集めたものや、その他いろいろの方からからもらった牛乳パックを業者さんへ運んだ。

南松本にある日光紙業さんへは、安曇野市から車で行ってもかなり遠い。松本の19号線を南下、村井の信号を左折、なんとか神社を左折、車屋さんの塀を回りこんで、ようやく着く。
担当のおばさんが気の毒そうに、
「キロ6円になっちゃったの」
という。

前回は10円だったから、だいぶ安いが、まさかまた積んで帰るわけにも行かない。
若いお兄ちゃんが手伝ってくれて、大きな籠に投げ込んだ。どうもおばさんが頼んでくれたらしい。
お兄ちゃんと一緒に車を空にして、再び計測〔車ごと〕して、660円を受けとって安曇野へ戻る。

牛乳パックは15枚で一本の苗になる。
[PR]
by ngokathmandu | 2009-04-16 20:30 | 牛乳パック

大町での小講演

2009,4,4

大町のグリナーズビレッジにて、ネパールの植林について、小講演をしました。
1時間半の講演時間をいただきましたので、最初にネパールに行った1970年のとき、きれいな飲み水がなかったことや、高山病になった経験からお話しました。そして、1974年、思いがけなく、世界初登頂となったラムジュンヒマール峰での体験、カトマンズの国立小児病院で学んだ〔ネパールの小児の死亡原因のトップは下痢である〕こと、なども加えました。そのことが、植林をいつかやってみたいという思いにつながったのです。その年の12月、当時12歳のドゥルガに出会い、長い年月のあと、彼女の出身の村から植林が始まりました。
[PR]
by ngokathmandu | 2009-04-04 13:58 | NGO活動

原発の近くで

2009,4,1

茨城、福島の海岸沿いに、幾つもの原発があります。
私は初めて中へ入って仕事をし、想像以上のたくさんの人たちが働いていることを知りました。

海の近くに岩が突き出ていて、その上に木が生えていました。
波打ち際の岩ですから、風も強いでしょうし、土も吹き飛ばされるでしょう。
それでもちゃんと生えています。もう30歳若ければ、ハーケンを打って〔ちょっと古いですが〕登ってみたかもしれません。
〔読んでくださった方は、番外地も見てね〕

e0155370_15195355.jpg
[PR]
by ngokathmandu | 2009-04-01 14:44 | 仕事



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧