NGOカトマンドゥ日記

<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

高校卒業のお祝い

2009,3,14

ゆき恵さんの高校卒業のお祝いに、安曇野で一緒に食事をしました。
ゆき恵さんも、ネパールへ行ったことはありません。
心の中で想像しているようです。
もっとも、デビィさん、ヤショダさん、インチュさんはじめ延べ15人の留学生が一時滞在したので、ネパール人やネパール語は、一般的になじみがあります。


e0155370_2253794.jpge0155370_22532851.jpg



養母の墓参り〔右〕
レストランにて〔左〕
[PR]
by ngokathmandu | 2009-03-14 22:41 | 家族

松代中学校

2009,3,13

長野市松代中学校に伺いました。
600人の生徒さんが牛乳パックの回収に努力してくださいました。
皆さんのおかげで、苗は2500本以上出来ることになります。
植林をしているネパールのヌアコット郡の村の人たちは、日本の小中学校の生徒さんが、牛乳パックを集めていることを知っています。
牛乳パックも見たことがあります。日本から見本を持っていったからです。
各グループのリーダーたちは、牛乳パックを大切にしまっています。

e0155370_18111338.jpge0155370_18114499.jpg



松代中学校の生徒さんの牛乳パック受け渡し式
[PR]
by ngokathmandu | 2009-03-13 17:54 | 牛乳パック

松代中学校

2009,3,13

長野市松代中学校に伺いました。
600人の生徒さんが牛乳パックの回収に努力してくださいました。
皆さんのおかげで、苗は5148本出来ることになります。
村の人たちは、日本の小中学校の生徒さんが、牛乳パックを集めていることを知っています。
牛乳パックも見たことがあります。日本から見本を持っていったからです。
各グループのリーダーたちは、牛乳パックを大切にしまっています。
[PR]
by ngokathmandu | 2009-03-13 17:52 | 牛乳パック

北九州市から

2009,3,8


北九州市から牛乳パックが届きました。
小学校6年生が集めたものです。
みかん箱1個、161枚ありました。これは11本の苗に変身します。
最近では、青森市、盛岡市の小中学校、からも届いています。
原則として資源業者に売却して、お金を郵便振込みでいただいています。

e0155370_2085525.jpg


牛乳パック15枚で1本の苗が出来ます。苗から木のなるまでは、遠い道のりです。
[PR]
by ngokathmandu | 2009-03-08 19:53 | 牛乳パック

水がなければ木にならない

2009,3、7

小中学校の牛乳パックの贈呈式が多い。1年間の牛乳パックの回収の結果、これだけのお金が集まりました、という式である。
私はお礼とともに、いったい何本の苗が現地で出来るのかをお話する。牛乳パック1キロで2本の苗が出来る。それまで1年の時間がかかる。

苗が出来てからは、大人の出番である。
セメントや鋼材を首都のカトマンズからトラックで運ぶ。
80キロの道のりが終わると、今度は人の背中で山の上まで担ぎ上げる。
次に穴を掘って、枠を作って、セメントを流し込む。貯水タンクは1カ月から2ヵ月かかって出来る。
お金は40万円から100万円必要だ。そのお金を一生懸命作るのが大人の役目である。

e0155370_18454366.jpg



福寿草だけが安曇野の春を告げています
[PR]
by ngokathmandu | 2009-03-07 18:38 | ネパールの山よ緑になれ



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧