NGOカトマンドゥ日記

ネパール大地震(復興への小さな一歩)

2015、11、23

一向に進展しないネパールーインド国境。
バンダ(ゼネスト)やジュルス(デモ)が頻発している。
私たちは、苗木に水をやったり、実生で苗つくりをしたりしている。
この26年間、地震があろうと、戦争があろうと、続けて来たのだ。
e0155370_928108.jpg

草やコケが蒸す地震の被害を受けた倒壊現場。
e0155370_9283325.jpg

人々は仮設に住んだり、親戚を頼ったり、様々だ。
ガソリンが輸入されないため、誰もが身動きできない。
倒壊現場は、次第に土に戻って行く。
[PR]
by ngokathmandu | 2015-11-23 09:20 | ネパール植林地
<< ネパール大地震(復興への小さな一歩) ネパール大地震(復興への小さな一歩) >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧