NGOカトマンドゥ日記

水の森は死なず(ネパール大地震)

2015、8、17

一時、レンガを使わない建物を、と言う耐震建築案が出た。
これにはレンガ業者が反対した。
サーノティミ村のみならず、首都の周辺はレンガ工場が多い。
レンガ産業も大切だ。
実際の、地震で壊れた建物を見る。
e0155370_125111100.jpg

このレンガの山は、一瞬に建物が崩れたことを意味する。
横揺れに弱いのだ。
e0155370_12515027.jpg

こんな光景は、町でも、村でも見られた。
レンガをセメントを糊として、くっつけている。
これではだめと言うことだ。
[PR]
by ngokathmandu | 2015-08-17 12:55 | ネパール植林地
<< 水の森は死なず(ネパール大地震) 水の森は死なず(ネパール大地震) >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧