NGOカトマンドゥ日記

水の森は死なず(ネパール大地震)

2015、8、16

一家族当たり15、000ルピーの政府支援金を、首都カトマンズの周辺の人々はもらった。
トゥプチェでは、7000ルピーをもらっている。
あとの8000がいつ来るのか、誰も知らない。
オッカルドゥンガの人は、誰も貰っていない。
我々のNGOカトマンドゥは、死者に弔慰金10、000ルピー、全壊の建物に10、000から20、000ルピーを出すことが出来た。
寄付が多かったからだ。
e0155370_1054990.jpg

この辺に、モデルハウスを作りたい。
e0155370_1063156.jpg

耐震で丈夫なら良い、と言う物ではなく、ちゃんとタマン族の風習に合っていなければならない。
囲炉裏とか、穀物置場とか、仏壇などの位置がある。
例えば、ネワール族は一階では食べ物を作らないが、タマンは作る。
[PR]
by ngokathmandu | 2015-08-16 10:09 | ネパール植林地
<< 水の森は死なず(ネパール大地震) 水の森は死なず(ネパール大地震) >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧