NGOカトマンドゥ日記

水の森は死なず(ネパール大地震)

2015、7、18

マネ村のカジマンは、昼食が済み、さて濁酒を一杯飲もうかと甕のふたを開けた。
柄杓を突っ込み、皿になみなみと注いだ。
それを口まで持ってこようとした時、激しい揺れが来た。
家族と共に外に出たが、それから丸2日、酒を飲むことが出来なかった。
素面だったのは、人生で初めてではないか・・。
「手を貸してくれ」
と、コピラジが道でどなった。
すぐコピラジの意図を察したカジマンは、一分もかからず、ミンクマリの家に着いた。
e0155370_2005019.jpg

空から見て、きらっと光るのが仮設のトタン板。
黄色や青は、仮設にビニールシートを使ったもの。
[PR]
by ngokathmandu | 2015-07-18 20:05 | ネパール植林地
<< 水の森は死なず(ネパール大地震) 水の森は死なず(ネパール大地震) >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧