NGOカトマンドゥ日記

長湯のチャンマ

2015、6、11

NGOにとって、何が困るかと言うと、「円安」ほど困るものはない。
10万ルピーでできる工事が、10万円だったことがあるのに、今は13万円かかる。
現地に住み、いま、療養している筋田さんからの便りが嬉しい。
きっとチャンマも、携帯で指示されながら、銀杏旅館の切り盛りをしているだろう。
チャンマ、がんばれ・・。
e0155370_2025134.jpg

現地のスタッフが、食料を配る。
今日、日本からの送金が届いた。
すぐ引き出して使うよう、電話した。
e0155370_20254370.jpg

今のところ、お金が続く限り、買って、と言っている。
ただ、物価が高騰している。
[PR]
by ngokathmandu | 2015-06-11 20:19 | ネパール植林地
<< 長湯のチャンマ 長湯のチャンマ >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧