NGOカトマンドゥ日記

長湯のチャンマ

2015、5、7

1974年10月21日。
生涯忘れられない一日となった。
前日の日本人2名の登頂に続き、世界第2登を成し遂げたからではない。
帰路、雪壁で中吊りになり、雪崩に流され、雪原ではホワイトアウトの中を迷った。
99・9%、生還することは、なかったろう。
残りの0・1%がなぜ起こったか、私にはわからない。
ともかく、首都カトマンズに戻っても、帰国することが出来なかった。
e0155370_1221783.jpg

ラムジュンヒマール頂上。
右が36歳の私。
左はシェルパのロプサン・ツェリン。
[PR]
by ngokathmandu | 2015-05-07 12:01 | ネパール植林地
<< 長湯のチャンマ 長湯のチャンマ >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧