NGOカトマンドゥ日記

長湯のチャンマ

2015、5、6

1970年、初めてネパールを訪れたとき、ポカラからジョムソンまで旅をした。
ポカラの空港は草地で、牛がのんびり草を食んでいた。
空港の建物らしきものはなく、小屋同然の事務室で切符を渡した。
ホテルなど、一つもなかった。
もっとも、通称チベッタン・ホテルと言う長屋はあった。
暑くも、寒くもない、過ごしやすい10月だった。
どこからでもアンナプルナ・ヒマラヤが見えた。
e0155370_14304297.jpg

Phewa湖からの眺め。
右端がラムジュンヒマール(6986m)。
隣が、アンナプルナⅡ峰。
左端がガネシュ・ヒマール
[PR]
by ngokathmandu | 2015-05-06 14:21 | ネパール植林地
<< 長湯のチャンマ オリーブの一葉 >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧