NGOカトマンドゥ日記

オリーブの一葉

2015、4、22

高岡、東、蓮見の3人は、ネパールに和平を実現しようと、すでに私のずっと前を走っていたのだ。パタックは、政府側に捕えられた毛派の手紙を家族に届けたり、逆に毛派に誘拐された警察官が虐待されないよう、頼みに行った人である。長年の努力は、双方の信用を獲得した。彼が乗り出せば、あるいは平和への話し合いが始まるかもしれない。

e0155370_914972.jpg

いつも植林センターのすぐ下にある見晴台から、トゥプチェのNO2地区を眺める。
e0155370_9143742.jpg

25年間、村の人たちが努力した結果がそこにある。
[PR]
by ngokathmandu | 2015-04-22 09:06 | ネパール植林地
<< オリーブの一葉 オリーブの一葉 >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧