NGOカトマンドゥ日記

オリーブの一葉

2015、4、19

蓮見は、日本ネパール協会の会報担当理事である。九州の学会に出席していたのに、なぜ同じ話を聴きに名古屋へも来るのだろう。
その蓮見が着いた。
年齢は50代後半に見える。ほとんど表情を変えない。アメリカで長く暮らし、英語もネパール語も、同時通訳ができるほどの人らしい。
会場が静まる。私は九州の学会のときより詳しく喋った。そのせいか質問は沢山出たが、高岡たち3人は何も訊かない。

e0155370_20545528.jpg

トゥプチェの植林センター。
e0155370_20552148.jpg

門からの道の両側に、モクレン科のチャンプ、ウルシ科のマンゴーなどが植えてある。
[PR]
by ngokathmandu | 2015-04-19 20:45 | ネパール植林地
<< オリーブの一葉 オリーブの一葉 >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧