NGOカトマンドゥ日記

オリーブの一葉

2015、4、16

あんなに時間をかけ、資料も用意し、原稿を書いたことに意味があったのだろうか。半ば後悔する気持ちが頭をもたげてくる。
会場で目立った反応はなく、空中に矢を射こんだようなものである。仮名を使ったとはいえ、秘密が露見し、むしろ村の人たちに危険が及ばないだろうか。ただそのことだけが、抜き損ねた矢じりのように心に刺さっていた。
だが、私は間違っていた。

e0155370_1821654.jpg

去年の10月、ハリケーン被害で崩れた崖が補修された。
e0155370_1825175.jpg

橋を支えている基盤にあたる。
e0155370_1833014.jpg

まず土台をしっかりしないと、橋の補修がうまく行かない。
91万円かかった修復代は、小谷Drが出してくれた。
[PR]
by ngokathmandu | 2015-04-16 17:55 | ネパール植林地
<< オリーブの一葉 オリーブの一葉 >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧