NGOカトマンドゥ日記

オリーブの一葉

2015、4、4

ロクの知り合いで、20ロプ二以上の土地を所有するネオパニは、毛派への税金を拒否した。夜間、大勢の毛派が押し掛け、ネオパニを散々殴ったあげく、河原へ放りだした。妻は、ロクの家まで来て助けを求めた。闇の中を這うように現場へ着くと、ネオパニは虫の息だった。ロクが、カトマンズの病院へ運ばなかったら、死んでいたろう。ネオパニは命を取り留めた。が、二度と村へは戻らなかった。

e0155370_9215559.jpg

マネ村で、新しく「マニ車」を作っていた。
e0155370_9223379.jpg

車軸のような、受け軸を下に作る。
首都からネワール族の技師が来ており、天井にも一人が登って、芯棒を留める部分を作っていた。
e0155370_9225811.jpg

天辺の部分。
e0155370_923276.jpg

全体を見渡す。
ラマ僧も来ており、
「タシデレ、タシデレ」
と、チベット語で挨拶をしていた。
[PR]
by ngokathmandu | 2015-04-04 09:13 | ネパール植林地
<< オリーブの一葉 オリーブの一葉 >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧