NGOカトマンドゥ日記

オリーブの一葉

2015、4、2

カミ族のリーダーのやることと言えば、ともかく仕事をとって来ることだった。畑の耕作、トイレ作り、道路工事、清掃から農機具作り、修理。なんでも良い。
村に畑はなく、家畜も飼っていない。外で仕事をする以外に、生きて行く道はない。リーダー自身も、ハイカーストの畑を耕したり、工事をしたりしているから、体は逞しく見える。髭だらけで、どちらかと言えば頭とか、棟梁と呼んだ方が似合う、人の良い男だ。しばらくして、また下りて来て私と並んだ。

e0155370_104254100.jpg

Eグループの森に、赤い花が垂れるように咲く、「カルキ」の木を見つけた。
e0155370_10445531.jpg

Eの森から、遠くランタン街道が見えた。
森が削られ、畑になっている。
[PR]
by ngokathmandu | 2015-04-02 18:37 | ネパール植林地
<< オリーブの一葉 オリーブの一葉 >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧