NGOカトマンドゥ日記

オリーブの一葉

2015、3、31

税金の額は、所有している土地の広さ、カースト、養う家族の数、などで異なる。例えば、あるバフン族の中地主は12000ルピー、チェットリ族の中地主は8000ルピー、バフン族の大地主は13000ルピー、別のバフン族の大地主もやはり13000ルピー、別のバフン族の小地主は500ルピーと鶏数羽を支払った。タクリ族の男は食料雑貨店を経営しており、毛派は税として勝手に商品を持ち去った。カーストの低い者や貧しい者からは税をとらないという噂もあった。私は植林をしているカミ族の村で、リーダーの男に訊いた。

e0155370_11301597.jpg

マネ村E斜面の近くの水場。
昔よりは、水の出が良い。
ずっと上に、故アイマンシン老が率いるFグループが植えた森がある。
そのおかげだ。
e0155370_11303787.jpg

いろいろな容器が並ぶ。
これらを満たし、苗まで運ぶ。
[PR]
by ngokathmandu | 2015-03-31 11:20 | ネパール植林地
<< オリーブの一葉 オリーブの一葉 >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧