NGOカトマンドゥ日記

オリーブの一葉

2015、3、16

異国にいる一人のネパール人の人権より、本国でバタバタ死んでゆく人々の方が重要ではないのか。一語で言えば、
「なにを呑気な」
と言う気持ちである。どうして誰もが立ち上がらないのか。次第に怒りがこみ上げてくる。
ついに、自分が嚆矢を放とうと決心した。
集会での発表のために、人名を日本風の仮名に、地名を安曇野のそれに置き換えて原稿を作った。ゴビンダ氏の解放運動に加わっていた蓮見順子、東豊久や、参謀格の高岡秀暢が、ネパールの平和に貢献しようとしていることなど、まだ知らない。
e0155370_1858194.jpg

カウレ村のタマン族の女性たち。
左端はタマン語通訳のミナさん。
[PR]
by ngokathmandu | 2015-03-16 18:41 | ネパール植林地
<< オリーブの一葉 オリーブの一葉 >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧