NGOカトマンドゥ日記

オリーブの一葉

2015、3、15

1996年から始まった人民戦争は、公式な発表を信じれば、4年あまりで3000人の命を奪ってきた。2000年に入ると、すぐ5000人になり、7000人になった。そんな少ない数ではない、と言う者もいた。
紛争の範囲は、西はルクム、ロルパ、サリアン、ダン各郡から、東はエベレストやマカルーのあるソロクンブ郡までに至る。中央は、首都カトマンズは無論、ゴルカ、中国国境のランタン。そして私たちが植林を続けているヌアコット郡やらラシュワ郡も含まれる。毛派以外の階級の違いで、追放されたり、人権を奪われている者の数は、死者の何十倍もあろう。
e0155370_12284738.jpg

銀杏旅館の看板。
カブレパランチョーク郡、サンガにある。
首都から40分余り。
[PR]
by ngokathmandu | 2015-03-15 12:01 | ネパール植林地
<< オリーブの一葉 オリーブの一葉 >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧