NGOカトマンドゥ日記

オリーブの一葉

2015、3、5

E斜面は乾き切っていた。
少しの風にも赤土が舞い上がり、せっかく根付いたネパール松の葉を色付けしている。
マメ科の木も、モクレン科の木もある。一本だけ、カエルという木が15センチの枝を三方へ出していた。
これらはほとんど枯れるだろう。
暑い。35度以上はありそうだ。ネパールは亜熱帯の国だ。
4・5ヘクタールはありそうな上部斜面は、植林地とは思えないほど石が転がっており、モンスーン期に大量の水が流れた跡が、幾すじも付いている。
e0155370_22291961.jpg

やっとマネ村のセンターに帰り、シェルパが作ったご飯を頂く。
ご飯とダルスープ。それにタルカリ。
お菜の炒め煮もある。
隣家のおばさんが持って来た牛乳もある。
ゴーカ(豪華)だ。
[PR]
by ngokathmandu | 2015-03-05 22:14 | ネパール植林地
<< オリーブの一葉 オリーブの一葉 >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧