NGOカトマンドゥ日記

疑惑

2015、2、25

私たちは無論その文化には逆らわない。ただ職場では、みな平等にした。最高のカーストであるバフン族の教官補ランバブも、ローカーストのタマン族の助手スマンも、仕事は同じで、同じものを食べる。食べたいだけ食べて良い。下のカーストがお代わりしても、一向に構わない。座る場所も自由である。カーストの低い者でも、部屋の外で食べる必要はない。当然、給与にも差をなくした。スマンはたぶん、その辺が気に入ったのだ。
e0155370_13422219.jpg

Eグループの下部の斜面。
ようやく、ネパールはんの木やネパール松が立ち上がってきた。
[PR]
by ngokathmandu | 2015-02-25 13:36 | ネパール植林地
<< 疑惑 疑惑 >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧