NGOカトマンドゥ日記

疑惑

2015、1、31

(その時以来、スマンは変わった)まず顔つきが違う。かっての芒洋と、遠くを見る表情は、戦士のようにきつくなった。足は一層早くなり、身のこなしも敏捷になっている。痩せてはいたが、もともと山間部に育って持久力はある。ゲリラとしては最適だ。しかも、「外国NGOの職員」という隠れ蓑を持っていた。スマンが毛派のゲリラである決定的な証拠は、偶然に見つかった。
e0155370_16321858.jpg

水の利用は、戸別に引いた水道によって、容易になった。
e0155370_1637097.jpg

好きな時に水が利用できるのは、女性にとって労働力を他のことに割けるということだ。
普通の村では、水汲みは女性の仕事である。
下の河川や、すっと上の森まで水ガメを持ってゆかねばならない。
e0155370_16332745.jpg

赤ちゃんを抱いた母親も水を利用できる。
[PR]
by ngokathmandu | 2015-01-31 16:23 | ネパール植林地
<< 疑惑 疑惑 >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧