NGOカトマンドゥ日記

スミットラとショクンタラ

2015、1、23

一枚ずつの田は、ほかの場所より大きい。ここはかなり恵まれているほうだ。ネパールでは、すべての耕地が山の急斜面を削って作られている。二年前、私たち日本人五人は、この場所で毛派ゲリラ70人に囲まれた。それ以来、私を除けば誰も来ていない。
「河のところまで、全部タクリ家の地所です」
ヤショダは右手を大きく動かして、境界を示した。ついでに風で乱れた髪を、女らしく直すしぐさをした。小さいころ扁桃腺を腫らして学校を休みがちだったのに、丈夫になった彼女の背丈は、とうに私を追い越している。
e0155370_1054554.jpg

貯水タンクからの水道管の配線。
先のほうでさらに枝分かれして、各戸へ水が行く。
e0155370_10554048.jpg

マヤラマさんの家へも、貯水タンクから水が行っている。
米を磨いだり、洗濯もできる。
[PR]
by ngokathmandu | 2015-01-23 10:43 | ネパール植林地
<< スミットラとショクンタラ スミットラとショクンタラ >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧