NGOカトマンドゥ日記

スミットラとショクンタラ

2015、1、20

タクリ族の家柄は王家の血筋である。また、同じ部族の中でしか結婚しないという風習も確かにあった。下のカーストと婚姻関係を結べば、地位が下がると思うのだろう。タクリ族には、さらに、近親との婚姻を喜ぶ習慣もある。相手を選ぶ範囲は狭くなる。
「長く来ていますから、一族から選ぶのが難しいことも分かります」
「今、有力な親戚に頼んでいるのですよ。きっとうまく行きますから」
e0155370_10103725.jpg

ご飯はいつも同じ「ダルバート」。
[PR]
by ngokathmandu | 2015-01-20 09:54 | ネパール植林地
<< スミットラとショクンタラ スミットラとショクンタラ >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧