NGOカトマンドゥ日記

スミットラとショクンタラ

2015、1、15

それからのショクンタラは、少しずつ変わっていった。仕事をしながらも微笑み、時には声を出して笑った。会話にも加わった。
しかし、誰もが心配しなくなったころ、逆行性健忘の症状が顕著になってきた。大事なことを頻繁に忘れてしまう。それが病気の進行のせいだと気づいたとき、弟たちだけでなく、自分にも重い認知症が来たのを知ったに違いない。ショクンタラの悩みは、本当は深くなっていた。
e0155370_2014960.jpg

もっぱら枝打ち。
e0155370_2021240.jpg

樹高の40~50%下の枝を打つ。
[PR]
by ngokathmandu | 2015-01-15 19:53 | ネパール植林地
<< スミットラとショクンタラ スミットラとショクンタラ >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧