NGOカトマンドゥ日記

スミットラとショクンタラ

2015、1、5

ことの起こりは、植林センターからの苗を植えた場所が、それぞれが主張する境界を越えたかどうかだった。
スミットラの美しい細顔から、矢のような鋭い言葉がほとばしり出た。小柄な疲れた母でも、金切り声だけは100メートルも届いた。
「OOO最初からおれたちがOOO」
「OOO私たちの土地OO」
「OO酷い目にOO」
「殺しなさいOO」
あまりの早口と舌鋒の鋭さに、私はたじろいだ。意味が分かった部分は、ほんの少しだった。それでも、ふたりの叫びに、先祖伝来の土地を守る気迫がこもっていた。
e0155370_12153942.jpg

6か所を計測し、苗の数を数える。
これを平均して、係数を出す。
植えた数に係数を掛け、活着数の概算を出す。
[PR]
by ngokathmandu | 2015-01-05 12:06 | ネパール植林地
<< スミットラとショクンタラ スミットラとショクンタラ >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧