NGOカトマンドゥ日記

スミットラとショクンタラ

2015、1、3

スミットラが植林センターを辞めた後、スタッフが足りなかったので、ショクンタラを教官補に採用した。SLC(統一国家試験)に合格したばかりだった。そのショクンタラに健忘の症状が出現した。男性だけでなく女性にも、とすれば優性遺伝である。弟たちと同様に、ショクンタラが認知症になりつつあるのでは、と疑った。
e0155370_11565254.jpg

ひたすらスタッフと3人で枝打ちをする。
乾季の寒い時期(12月、1月、2月)だけが、その時期である。
[PR]
by ngokathmandu | 2015-01-03 11:40 | ネパール植林地
<< スミットラとショクンタラ スミットラとショクンタラ >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧