NGOカトマンドゥ日記

スミットラとショクンタラ

2014、12、30

松本の嫁ぎ先で、本多まやになっているドゥルガに訊くと、
「チェトリだってタクリより上と思っているの」
と台所からお茶を運びながら言う。ドゥルガはチェトリ族に属する。
スミットラが教官であったのは一年足らずだ。これには家庭の事情が絡む。母親を助け、田畑の仕事をせざるを得なかったからだ。
e0155370_18325750.jpg

11年目のカウレ村の植林地。
木々の間を分け入って行くと、だんだん幼木が見え、最後に今年植えた苗が現れた。
[PR]
by ngokathmandu | 2014-12-30 18:24 | ネパール植林地
<< スミットラとショクンタラ スミットラとショクンタラ >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧