NGOカトマンドゥ日記

スミットラとショクンタラ

2014、12、28

1990年に植林が始まると、スミットラは、女性の学校で衛生の教官として採用された。
植林は、最初から女性の方が熱心だった。村の女性の多くは、子供のとき学校に行かせてもらえなかった。彼女たちの希望を入れて、識字とミシン教室も作った。
e0155370_17564754.jpg

カウレ村での最初の食事。
ごはん、定番のダルスープ、タルカリ。
おまけにサグ(お菜の炒め)も付いてきた。
どう見てもハイソ(high society)の食事である。
e0155370_17572311.jpg

完食した。
[PR]
by ngokathmandu | 2014-12-28 17:51 | ネパール植林地
<< スミットラとショクンタラ スミットラとショクンタラ >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧