NGOカトマンドゥ日記

ゴルカから来た女

2014、12、5

バクタは、写真を手掛かりに、ヌアコット郡からダディン郡さらにゴルカ郡へと、足跡を辿って行った。
「分かったのは、ごくわずかなことだけでした」
長い髪の女は、カンティと呼ばれていた。
本名ではない。
末娘と言う意味だ。
ネパールでは、特に幼少時、本名を呼ばない。
名前を知られると、悪魔に悪いことをされると信じている。
e0155370_1911645.jpg

2014年12月19日。
羽田からタイ航空でカトマンズへ向かう。
バンコクで、別のタイ航空機へ乗り換え、あと15分で空港へ着くはずだった。
だが着かない。
空港が混雑しており、上空を旋回し始めたのだ。
写真は、途中のバンコク空港。
[PR]
by ngokathmandu | 2014-12-05 19:04 | ネパール植林地
<< ゴルカから来た女 ゴルカから来た女 >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧