NGOカトマンドゥ日記

ポストの死

2014、10、23

ポストとランマヤの二人の子供は、いつの間にかゲリラに身を投じていた。
考えるまでもなく、そうなる運命だったのだ。
しかし、私の頭の中では、いつも、二人は、1990年代初めの、一緒に苗を植えた幼い子供のままだった。
ロクが、
「神などいない」
と言った意味が、分かるような気さえした。
バンダリ老は夕方、また「ご注進」に及んだ。
「太郎も政府軍に撃たれて死んだようです」
太郎とは、暗号で、4000人のゲリラの隊長、カティオラのことだ。
e0155370_18313245.jpg

マネ村にはいくつものタンクを作った。
古い主タンク、新しい飲料水タンク、Fグループのタンク2つ、Eのタンク2つ、A,Bグループのタンク、Dのタンク、8地区のタンク、カミ族との境界のタンク、etc・・。水源タンクを含めると、思い出せないくらいある。
[PR]
by ngokathmandu | 2014-10-23 18:39 | ネパール植林地
<< ポストの死 ポストの死 >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧