NGOカトマンドゥ日記

ポストの死

2014、10、22

次の日、ロクの家に行くと、またバンダリが「ご注進」に来た。
「三郎(ハリーの暗号名)が死にました。遺体を政府軍が確認したそうです」
三郎、と言ったとき、バンダリの表情は、一瞬、嬉しそうに輝いた。
よほど沢山の税金(と称する冥加金)を、毛派にむしり取られていたのだろう。
暑い時期なのに、ロクの家の周辺には植えた木が多く、ほかの場所よりは涼しい。
バンダリは身分が最も上のバフン族なので、他人の家では食事が出来ない。
いくら勧めても、断ってかえって行った。
e0155370_13422054.jpg

タンダパニ村のタムシンルン地区に、貯水タンクを作った。
自分の家に一番近いポサンさんは、特に嬉しそうに見える。
[PR]
by ngokathmandu | 2014-10-22 13:33 | ネパール植林地
<< ポストの死 ポストの死 >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧