NGOカトマンドゥ日記

ポストの死

2014、10、20

政府軍精鋭部隊に囲まれたトゥーロ村のタマン族の家。
中に居たのは太郎、次郎、三郎の幹部たちだけではない。
幼いとき、私と一緒に苗を植えたポストとランマヤの二人の子供がいた。
いや、もう子供ではない。
二人とも、身長はとうに私を追い越している。
しかも、戦闘服を身に着け、武装していた。
バンダリに言わせると、銃撃戦は、数時間も続いたらしい。
あたかも、その場に居合わせたかのように、バンダリはしゃべる。
もっとも、その内容は一日ごとに、いや、一時間ごとに変わったのだが・・・。
e0155370_10203770.jpg

マネ村(手前側)からタンダパニ村へ続く細い道。
しばしば上から石や岩が落ち、通行不能になる。
[PR]
by ngokathmandu | 2014-10-20 10:10 | ネパール植林地
<< ポストの死 ポストの死 >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧