NGOカトマンドゥ日記

ポストの死

2014、10、17

ポストとは会っていなかったが、妻のランマヤや子供たちにはしょっちゅう顔を合わせている。
それは、植樹のころだった。
昔は6月には雨が安定して降り、苗を植えることができた。
今は、7月、ひょっとすると8月である。
雨季はずれつつある。
ランマヤや、当時、3歳か4歳の娘サニタ(仮名)と息子のラビ(仮名)は、100本以上植えていた。
私が、
「どこに植えたの?」
と聞くと、
「あっちと、こっち、と、あっち」
二人は背伸びしたまま、ぐるっと一回りした。
e0155370_21171760.jpg

各部落の代表によるリーダー会議。
[PR]
by ngokathmandu | 2014-10-17 21:18 | ネパール植林地
<< ポストの死 ポストの死 >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧