NGOカトマンドゥ日記

雨季のネパール2014

2014、10、3

2003年1月、武装警察長官が古都パタンで暗殺された。
毛派の決死隊が襲撃したのだ。
ギャネンドラ国王は、毛派側とすぐ停戦に応じた。
私は、ネパールから支援者に手紙を送った。
政府側が勝つ確率0%。
毛派が勝つ確率70%。
連立内閣の確率30%、と。
e0155370_1947578.jpg

今もネワール族が住むパタン。
[PR]
by ngokathmandu | 2014-10-03 19:22 | ネパール植林地
<< 雨季のネパール2014 雨季のネパール2014 >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧