NGOカトマンドゥ日記

雨季のネパール2014

2014、9、24

蛇に咬まれて死ぬ人は、一つの県で一年で一人くらいである。
子供や、老人が多い。
田へ水を見に行き、何かに滑った、と言って息を引き取った老人がいた。
蛇を踏んだのだ。
子供が森で死んだ。
咬み跡があったので、蛇のせい、と分かった。
日本の本土で、蛇に咬まれて死ぬ人は、1%以下だ。
マムシは0・5%、やまかがしは、もう少し高いので用心が肝要である。
e0155370_1233637.jpg

今、崖崩れを防ごうと、植林をしているマネ村E斜面である。
手前がネパールハンノキ。
[PR]
by ngokathmandu | 2014-09-24 12:24 | ネパール植林地
<< 雨季のネパール2014 雨季のネパール >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧