NGOカトマンドゥ日記

雨季のネパール2014

2014、9、16

今年の雨季にも、よく蛇に出会った。
植林センターでは、体長4.8メートルの大蛇がいた。
タマン語通訳のミナさんが、固まっていた。
護衛のクマールさんも動けない。
シェルパたちが、こん棒をもって駆け付けて来た。
蛇は、演習林の奥に消えた。
後で、
「タウコ(頭)はここ、プチャレ(尻尾)はここ」
皆が、それぞれ主張する。
メジャーで測る。
4・8メートル。
老バンダリは言う。
「蛇だって、成長するんだ」
バンダリは、いつも正しい。
e0155370_1844421.jpg

この辺で、大蛇が発見された。
e0155370_1853116.jpg

向かって右が演習林。
左側は、植林センター。
[PR]
by ngokathmandu | 2014-09-16 17:44 | ネパール植林地
<< 雨季のネパール2014 雨季のネパール2014 >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧