NGOカトマンドゥ日記

カトマンズに戻る

2014、2、12

カウレ村のグンバ(チベット仏教の寺)は、M・Rさんのご寄附でできた。
ドゥルガ(本多まや)の実兄ロクが走り回って、予算より安く作ってくれた。
敬虔な仏教徒の村人は、次に、仏陀の像をほしがった。
残りのお金と、村人の寄付などで、今、完成しつつある。
ただ、開眼式などをどうするものなのか?
そんな中、BAC(Budda Awareness Centre)のカルマさんのお誘いがあった。
バクタプルの山のほうで、開山式があるから一緒にゆかないか、と言う。
朝、7時に、ホテルまでジープが一台やってきた。
助手席に、オウタリラマ(前世を知っているラマ僧)であるリンボジェ師が、ゆったり座っておられた。
あとは、カルマさん、私、運転手、オーストラリアの尼僧。
緊張する。
e0155370_18572668.jpg

4時間が経ち、5時間が過ぎた。
道は、バクタプルから、どんどん山道を上る。
気温が下がってきた。
e0155370_18575362.jpg

村をいくつも過ぎて、家が見えない山の上にたどり着いた。
[PR]
by ngokathmandu | 2014-02-12 18:36 | ネパール植林地
<< カトマンズに戻る カトマンズに戻る >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧